<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
春うらら
「おそらく、日常生活って、
平凡だけど、考えたり感じたりすることもたくさんあって、
僕は自分の考えや変化がわかるけど、
自分にとって大切な人たちが何をどう感じて、
どう変化しているんだろう、
っていうのをもっと知りたいんだよね。
せっかく情報伝達手段がめちゃくちゃ発達しているのですから。

どうしてる?」

友人のサイトにそんな書き込みがあったので、ちょっと考えてコメントを書いたあと、外へ。

やっとできた空き時間なので、ぼーっとしながらゆっくり考えごとをしたい。近所の喫茶店をくまなく偵察して、気になっていたオープンエアのドッグカフェへ。
空間的にやたらと余裕のあるそのお店には、さまざまなワンちゃんたちが、のさり、のさり、とやってくるくらいで、静かに考えごとをするにはもってこいの場所でした。

もう2007年も3ヶ月が終了。早いなぁ。
というわけで、年初めに立てた目標を、ひとりで勝手に中間反省会!
確定申告を終えたばかりなので、数字のこともまあまあ覚えてます。

仕事を始めたころからの、何年分かのメモを見直す。
面白いもので毎年、「機材購入の計画」にその「金策」、「クライアントを増やしたい」なんていう記述もあって、振り返ると結局同じようなことを延々とやってるんだなぁ、としみじみしたり。「将来プラン」やら、「ブランディング戦略」やら、「技術の習得」やら、私って考えているのが好きなんじゃ?っていうくらいに実現されていなかったり。

でも、そんなふうに過去からずっと見てくると、ちょっとずつ、ほんとうにちょっとづつだけど、前進しているような気がしました。
春の陽気のせいかな。
また山を登る
作業、打ち合わせ、暗室、作業。早くも次の山がやってきた。ピークは明日。
いつもここから
そして、当たり前だけど日曜もない(笑)。

パン屋を開業する知り合いと打ち合わせ@スタバ。業態の話など。
せっかくなので交渉中の物件も見せていただく。開口部はそんなに大きくないのだけれど、内部は思ったよりも広くて気持ちがいい。カフェを併設しても、バックグラウンドにかなり広さが残るのは魅力。がらんとした空間を見ると、何かが始まっていく感じがしてぞくぞくする。

夜、ギリギリで原稿を上げる。遅くなってごめんなさい。勢いに乗ってブログもまとめて更新。
もっと追われる日
まあ、普通に土曜日はないよね。下流だから?
追われる日
いや、もっとなんかドラマチックな追われかたをしたいのだけどね。
写真の手配、打ち合わせ日時の連絡、暗室@高田馬場、写真ピックアップ、写真選び、ポストに納品22:00@曙橋、深夜まで作業。まだ声がおかしい。
あくせく
昼すぎに起床。まあまあ、こんなもんでしょう。

夕方、原稿をチェックしてもらいにカフェへ。前回時間がななくて食べ逃したスコーンをリベンジ! 美味しさにびっくり。ちょうど他にお客さんがいなかったので、ゆっくりとお茶をする。はあ〜しあわせ〜。またこよう。

家へ帰ると、いろいろ追われていたことを思い出す。遅くまであくせく仕事。
インテル入ってるMac
G5購入を迷っている。
お店へ出かけては、決められず帰ってくる。そんなことを続けている。
そうこうしているうちに11日にはマックエクスポが開かれ、次のモデルにインテルのプロセッサが搭載されることが発表された。さすが日進月歩の世界。
Power Mac G4よりも4倍早いというMac Book Pro、お値段据え置きで2倍のスピードになったというiMac…。
たしかに、Windowsの処理速度や能力に比べてMacは少々分が悪かったから、プロセッサが変わることで、早くなって、さらに動作が安定するといいんだけど。
ソフトが対応するかどうかが分かるまでしばらく時間がかかりそうだし、また買うタイミングが難しくなってしまった。
テレビ+ビデオ+DVD=パソコン
テレビとDVDが見たいので、パソコンを新調しようかと考える。
秋葉原のラオックスでMacを見て、ヨドバシを見て。パソコンとモニターを買って、パソコンに取りつけるタイプのTVチューナーを買えばだいたい私が望んでいる用途で使えそうな感じ。
デジタルで撮影した画像をもっとサクサク処理したいというのもあるし、今使っている液晶の色味はどうしても印刷したときとの誤差が大きいから、色調整を念頭に置いたモニターも必要だと思っている。
あとはデスクトップ型のG5の大きさがネックだ。東京では実は空間が一番お金を食うだけに、もう少し慎重に考えなくては。

電気系の大型量販店を覗くと、大型液晶の次はプラズマだとか、地上波デジタルに対応していますとかいませんとか、まるで何かの博覧会のような賑わいだ。この国はモノから入るのがほんとに得意だなーと改めて思う。けっきょくちゃんとお金が回っているのはハードの製造業なんだよな。モノより思い出、とか、モノからコトとか、経験消費とかいいつつ、やっぱりモノをたくさん売って儲けるという公式は不変だ。

前に友達が、「日本人はもう職業を選ぶということをやめて、全国民一体となって、トヨタの自動車製造のラインに組み込まれたほうが、きっとGDP上がるよねー」と言っていたことが妙な説得力をもってせまってくる。

やー、どこへ行ってもお金のことばっかり考えてしまいます。
初アスクル!
朝起きてからずっとどきどきしていた。
今日はアスクルで注文した商品が、初めて届く日。
アスクルの配達は、時間帯がかなり細かく指定できて、22:00〜24:00という時間帯まである。そんなに遅い時間、部屋でいささかくつろぎすぎた服装でいる自分が、神妙な顔をして玄関で伝票にハンコを押す姿を想像しながら…、迷わず一番遅い時間帯をチョイス!
なんといっても楽しみなのは、アスクルの「独自の物流」である。
ヤマトでも、佐川でもないお兄さんがやってくる可能性についてである。

かくして23時を少し回ったころであったろうか。
ピンぽーん、と呼び鈴の音。
いやがおうにも緊張が高まる。
「はーい」と自然にちょっと高めの声がでて、勢いよくドアを開けると、
「お届けでーす、ハンコかサインお願いしまーす」とおじさんがにっこり。

「遅くまでお疲れさまです」、とサインをして荷物を引き取る。
ん?
佐川のおじさんだなー。
個人用のアスクルは佐川に委託してるのかな。「独自の物流」って、事業所用のアスクルだけなのか。そういえば、事務所に届ける配送(いつも誰かがいて、受け取りが可能な場所)だけを請け負うことになるから、大幅なコストカットが可能となった、という話だったっけ。

まぁ、どきどきできたぶん、楽しかった。よしよし。
税理士さんのところへ行く
税理士さんから連絡をいただき、
今年も確定申告の季節が近づいてきていることに気づく。
一年ってあっという間だなぁ。

青色申告は今年から控除の基準が変わり、
45万の控除→10万の控除となってしまうため、
しっかりと帳簿を記帳して、65万の控除を狙いましょう、ということに。
私の場合はたいして収入がないので
教わるのも申し訳ないくらいなのだが、
帳簿のつけかたやら、節税のノウハウやら、丁寧に教えていただく。
覚えておくと、お金の出入りがクリアに見えるようになるから、
給与以外の収入がある人はぜひチャレンジしてみるといいと思う。
フリーの場合はこうした事務作業も自分でやらなければならないので、
なかなか「貧乏暇なし」状態から抜けられない。