<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
FACEBOOK始めました。
 

まだまだ使いかたがあやふやですが、FACEBOOKデビューしました。
ご友人知人各位、漢字で検索してくだされば出てくると思います。
一緒にイイネ!しましょう〜。

桜がいよいよ満開ですね。
公園や川沿いがぼおっと明るくなり、気持ちもふわふわするこの時期が好きです。
花粉症がなければもっと好きです。

週末はたくさん遠出しました。
金曜は実家の母が出て来ていたので、一緒に鎌倉へ。小町通りを散策して美味しいしらす丼を食べました。
土曜は多摩川の緑地と近所の公園でお花見、昨日は府中へ妹のバイオリンの発表会へ行ってきました。社会人になってからバイオリンを始めた妹。継続は力なりで、ずいぶんさまになっていました。

どうやらオムツが完全に取れたらしい娘っこしあんは、夜や外出時にヒヤヒヤすることもなくなって大助かり。春からは母娘ともにさらに活発に動き回れそうです。

確定申告の季節です。

仕事が落ち着いているので、今のうちにと確定申告の準備に着手。
1ヶ月のうちの半分くらい娘が熱を出した、去年のいまごろのことを思い出したりする。
今年はまだ一回も園を休んでいないんじゃないかな、丈夫になったなぁ。
このままインフルエンザもスルーしてほしいところだわ。


その後の育児のほうはというとーー。
うちの娘の場合、比較的言葉が早かったので、1才半ころから意思の疎通がぐっと楽になった。2才を過ぎた今は、もう完全に彼女のペースであれこれ働きかけてくる。
「遊ぼっ!おままごとしよっ」「しあんがご飯作ってあげるね」「はいどうぞ、アイシュだよ」「ありがとうは?」「だめ、ママあっち行って! しあんがやる〜!!」
天真爛漫、いつも周りを振り回してはキャハハハと笑っている。小悪魔的なところがまた可愛い。
最近はスカートがお気に入りで、寝るときもフリフリのスカートをはいて眠る。アンパンマンの世界の住人だったのに、いつのまにかプリキュアに興味を持ち始めたみたい。

ここまで子どもを育てて一番びっくりしたのは、相当小さいうちから自分の意思がしっかりとあるということ。もっとなんでも親主導で進むイメージを持っていたけど、完全に反対。
子ども自身がやりたことをやりたいタイミングで、やりたいようにやる。たとえば、したい遊びは自分がしたいだけ、したい方法でやる。着たいものを着たいタイミングで自分で着る(着ようとする)。
かなり小さな頃からはっきり意思のある個人なんだな、と。これは驚きだったし、初めて知ったことでした。

今年も宜しくお願いします。

年末年始には卒乳を目論むも、あっさり失敗。
「オッパイ飲みながらドーガ(iphoneでyou tubeを)見る!」という、なんともイマドキな要求に屈している今日この頃です。
こんなに小さいうちから液晶を見続けて、視力は大丈夫なのか?とママとしては不安。ジューデン(充電)って言葉をこんなに早く使うようになるなんて、時代を感じます。

仕事のほうは、今週は今年3本目の仕事が控えており、まずは順調な滑り出し。
まだあまり無理がきかない部分もありますが、できる範囲で努力していきたいと思います。
今年も宜しくお願いいたします!
う〜む。

2011年11月、優先度の高い順。

取材・撮影>アンパンマン(の動画を見せて)!>うんち(した)!>ほんよんで!>おっぱいっ!>ごはん!>急ぎのデータ処理>ごはん作り>保育園の準備>夫のお弁当>比較的急ぎでないデータ処理>皿洗い>ゴミだし>食材の買い出し>そうじ>夫のケア>韓国語

◎問題点
そうじまでたどりつけない!
やらなければならないことで1日が終わる

◎よいところ
太らない
10月ばいば〜い!

寒くなってきましたね〜。
ますます動きがすばしっこくなり、私のケータイではブレまくってしまう彼女。
奇跡的に止まってくれた一枚です。相変わらず細身。

もう10月が終わろうとしているんですね。
セーブしていた土日のブライダルの仕事を再開したら、とてもとても忙しくなってしまった10月でした。
夫の出張があったり、娘はRSウィルスみたいなの(結局ただの長〜〜い風邪でしたが)にかかったり。ギリギリの毎日でしたが、いやぁ、よく踏ん張りました。
11月はもう少しゆったりできるといいな。

戻りました。
お待たせしました。
戻っておりますよ〜。

雪の韓国も素敵でした
最高気温マイナス7度、というとむちゃくちゃ寒そうですが、
オンドルの室内はとても温かく、思いのほか快適でした。

今回印象に残っているのは、
ヒョンビンが住むという(←ここ重要)亭子洞(チョンジャドン)を散歩したことと、
NHN本社のライブラリーです。
*あとで補足します。

滞在中に話題になっていたドラマは、
(あ、さいきん私韓国ドラマネタもある程度いけます
ヨンさまが久々に出演する「ドリームハイ」(オモニがヨンさまファンなのです)、
ソン・スンホン&キム・テヒの「マイプリンセス」、
ヒョンビン&ハ・ジウォンの「シークレット・ガーデン」、などでした。
シークレット・ガーデンなんてすごいんですよ〜。
これぞ韓ドラ!な設定の、男女の入れ替わりもの。
ま、ハングルのわからない私には余計にちんぷんかんぷんでしたが



アップデートできてないこの感じ
なんというか、漠然といろんなことに追いついていないというこの感じ。
妊娠〜出産の流れが、いまだに自分のなかで上手く消化されていないのかな。当のムスメは早くもネンネとハイハイの時期を脱しようとしているというのに。
今ごろになって、妊娠・出産の体験本を読んでみたり。ポジティブ育児の指南書を手に取ってみたり。落ち着け、わたし。焦るな、わたし。

バテてます…。
いやぁ、暑さのせいか、育児のせいか、歳のせいか、たいして何もしていないのにへとへとです。。。一日中眠いし。。。
20代のうちに産んでおけば、こんなに体力不足を痛感することもなかったかもなぁ。。。
いまさら言ってもどうしようもないですがたらーっ

さてと。仕事、仕事!
里帰り
3泊4日で里帰りしてきました。
天候にも恵まれ、のんびりした田舎の雰囲気を楽しんできました。
もう何日かゆっくりしたかったですね〜☆
こんなに写真をアップしたら妹たちから苦情が来そうですけど。。。


































新しい悩み
人ってつくづく欲深いなぁと思うのは、たとえばひとつ欲求が満たされても、また新たな欲求が出てくるってこと。

どんな人と付き合うのか、別れるのか。いつ、どんな結婚をするのか、しないのか。いつ子どもを産むのか、産まないのか。どんな仕事に就くのか。会社に勤めるのか、転職するのか、独立をするのか。20代と30代の始めはそんな話をしながら、お茶を飲んだ時期だった。

このごろ、ある種の寂しさとともに、そんな時期が過ぎ去ったのを感じる。気づけばそうした選択を終えている今、満たされているかというと、そうでもない。

夫はとても優しいし、家事も仕事も本当によくやってくれる。ペースダウンする期間はあるにせよ、私も変わらず仕事を続けていくだろう。いつからか、食べていくために働くのが夢になった。たまに手を抜きながら、料理や洗濯もする。
この先、少しずつ子どもは大きくなっていくだろう。たっぷりの愛情と、ほどほどの教育。理想を言えばもうひとり産めるといい。都心とはいかなかったけれど、生活するのにほどよい場所にマンションもある。
さあ、それで幸せか? 
私よ、いま幸せか?

幸せ、と答えたい自分もいる。でも、また新しい焦りが生まれているのも事実だ。
もしやこの満たされない感じは、産後ストレスとか、育児うつというやつ?と思ったけれど、どうやらそうではないらしい。早くもこの環境での、新しい悩み、新しい欲が出てきているようなのだ。なんとまあ。

結婚しただけでは生活は変わらないけれど、子どもが産まれると、生活のリズムが変わる。以前はパンとコーヒーだけでぶらっと出かけられた朝。今はまず子どもにおっぱいをあげ、服を選んで着させ、ミルクやらオムツやらを準備して、ようやく自分のお化粧がはじまる。長時間の外出のときには搾乳する時間もいる。一時が万事こんな感じで、よっぽど気をつけないと、子育てはヒト一人分ぐらいの労働力と時間を確実に奪っていってしまう。
出産した病院にいたときから、実感として忙しくなった。独身のときは、「子ども」という役割、「社会人」「仕事」上の役割だけだったのが、結婚して「妻」の役割が加わり、子どもが産まれて「母」としての責務を負う。時間が飛ぶように過ぎるのも当たり前だ。

さあ、コマは出そろった。時間は以前よりもぐっと限られている。
そうなったときに、ほんとうにダイレクトに、自分は何をしていきたい人間なのか、問われるのだと思う。
もう逃げ道のないこの感じ。私はいったい何をしたいのだ? 何ができて、何をすべきなのか。これまでも自答してきたはずの問いが、また別の迫力で押し寄せる。
穏やかな5月晴れ。幸せな家族の風景の片隅で、ざわざわと波立つ心がある。